お知らせ

 6月17日 第1回目の地震・火災の避難訓練を、小学部で実施しました。新1年生にとっては初めての訓練でしたが、落ち着いて担任の先生や上級生と一緒に避難をすることができました。避難後、橋本校長先生から、「さない・しらない・ゃべらない・どらない・かづかない」について話を聞きました。梅雨の蒸し暑さが感じられる日でしたが、子どもたちは、ヘルメットをかぶったまま、静かに聞くことができました。

 Jアラートや火災報知器が鳴ったため、怖く感じたという感想を伝えてくれた子どももいました。この訓練の中で感じた気持ちや経験が、自分の命を守ることにつながるということを学んでほしいと思います。

 

避難後、校長先生のお話を聞く児童たち