PTA活動

PTA活動トピックス

徳島県知事に要望書を提出しました

 
11月2日(月)にPTA役員が徳島県庁に飯泉嘉門知事を訪ね,次の3点についてお願いしました。

 

1 現在から未来にわたり,国府支援学校で学ぶ児童生徒一人ひとりが,個性を輝かせつつ,のびのびとした環境で安心して教育を受けることができるよう,早期に「老朽化ならびに狭隘化(児童生徒の増加に伴い,教室や学習活動場所の不足が常態化している状況)の解消」を図ってほしい。
2 その際には,地域住民との交流や災害時の福祉避難所としての機能強化,ならびに障がいの程度や進路にかかわらず児童生徒一人ひとりの「生きる力」を育成する(キャリア教育を推進する)ための施設整備を,国が定める「設置基準」を可能な限り取り入れつつ,図ってほしい。
3 今後,「ダイバーシティ(一人ひとりが尊重され,多様性が受容される社会)」を県内全域において実現していくためにも,そのモデルとして,まずは「国府支援学校の機能強化」を推進してほしい。

 

サポートの会

橋本さん、根本さん、島さんの3名が
玄関前の除草作業、花の植え替えをしてくれました。
ありがとうございました。
 

 

  お世話になりました。

第2回PTA研修会

令和2年2月12日(水) 第2回PTA研修会が寄宿舎ホールで行われました。
 今回は、講師に西精工株式会社 総務部 渡辺敏江 さんをお招きし
 「働く幸せを実現させるために」の演題でお話を聞かせていただきました。

 お話の中では
 ・会社の概要
 ・西精工の皆さんが仲がいい会社
 ・安心・安全に働いてもらうことが大事
 ・障がいのある方が、できる仕事には制限はかけていない
 ・できないことでも、できるように続けていく
 ・周りの人が支援できる体制をつくっていく
 ・障がい者の採用は、1回での判断は難し、継続してみていく姿勢が大切
 ・障がい者の仕事は、今ある仕事の中から切り分けしてつくり出す。
 ・仲閒を感じてはたらくこと
 ・本人の強みをいかす など の話がありました。

  「できない」ときめつけるのでなく、できるように繰り返し指導を
  すること。働き続けられるように周りの支援体制を整えていくこと。など
  会社で気をつけていることなどが印象に残りました。
 

 

 

 

 講師の渡辺さん 大変貴重なお話をありがとうございました。
 また、研修会にご参加していただきました保護者の皆様にお礼を申し上げます。
 ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。